【チントレの王道1】ミルキング法の解説とメリット 4.22/5 (64)

ミルキング法とは

ミルキング法
「ミルキング= milk-ing」、つまり牛の乳しぼりと同じ要領でペニスにたまった血液を亀頭に押し出すマッサージです。
情報によっては、ミルキング法とジェルキング法が混同しており、ミルキング法だけでペニスも長くなる解説もありますが、ミルキング法はあくまでも亀頭増大のためのマッサージ。

ミルキング法実践の手順

準備1
マッサージする手を決めます。(右手か左手)
(毎日交互に変えることで、ペニスが歪曲する危険の回避やバランスが保たれます)

準備2
ペニスを半勃起状態にします。
(フル勃起では亀頭に血液を集めにくくなります)

準備3
親指をペニスの下側、人差し指をペニスの上側に回し、円を作るようにして親指と人差し指で包み込み、ペニスの根元(腹の付け根)にあてがいます。
(上から覗くと、手の甲、もしくは指の背が見え、人差し指が腹側、小指が亀頭側に位置しています)

手順1
親指と人差し指を腹側にしっかりと固定して、親指と人差し指で作った円を小さくするようにして、ペニスの根元を締め付けます。

手順2
そのまま、ペニスの竿部分にある血液を亀頭に押しやるイメージ(乳搾りのイメージ)で、中指、薬指、小指の順にペニスを締め付けていきます。
(手順1→2を実施することにより亀頭に血液がたまるのを目視で確認しましょう)

手順3
小指まで締め付けて亀頭に血液がたまった状態で約5秒動きを止めます。
(コツがつかめてきたら、無理のない範囲で徐々に停止時間を長くしていきます。長くした分だけ増大効果は高くなります)

手順4
締め付けた手を緩めます。

上記を就寝前におよそ1日50回を5~10セット、1年以上実施することにより、増大効果を得ることが可能です。

(注意!)過度な血液がいつも以上に亀頭に集まりますので、血管が破裂するリスクと背中合わせです。
マッサージの途中でもペニスに異常を感じたらすぐにマッサージを中止し、様子を見るようにしてください。

ミルキング法のメリット

ミルキング法は勃起力が弱くても亀頭に血液を極限まで集めることができるため、継続すれば10代から70代まで気軽に実践することができます。
また、亀頭の増大だけに特化したマッサージ法なので、陰茎は長いけど亀頭が小さい、カリ首が目立たず引っ掛かりが少ないという悩みの方にオススメの方法です。

自力チントレの増大期待は厳禁。サプリがあってこそ

チントレはあくまで微力で過剰な期待は厳禁。
実践情報、収集した情報を精査すると半年、いや1年やって1cmいくかどうかのレベルです。
時間と大変な手間に見合うか、正直おすすめしません!

ただサプリの効果アップの為に手段としては必要不可欠。
チントレによる刺激でサプリの効果を効率良く作用させてくれます。
特に3タイプの増大サプリは体内での相乗作用力に優れ、神経作用に敏感に働く為、チントレによる血流促進行動が飛躍的に効果アップにつながると言われています。


特に最新3タイプのボルギア3は、最高スペックの成分100種以上配合なので、体内だけでなく脳神経の作用力に優れ、脳からもペニス増大作用をより効率的に働きかけくれると言われています。
確かに勃起も最初に目で見て、脳で興奮を覚え、血流をペニスに送って勃起に至るわけだから。
→ボルギア3のペニス増大調査はこちら
ボルギア3は当局の調査でも効果、評価、アクセスともに(2017)1位です。

→ボルギア3(Volgear3) ペニス増大効果調査ファイルNo.82

チントレは血流の良い「風呂後」が効率的と言われています。
なのでサプリ→風呂→チントレって流れがいいでしょう。

ミルキング法については
【基礎チントレ】ミルキング法の正しいやり方(ペニス増大マニア)
【ペニス強化】自力で鍛えて増大できるトレーニング情報(【巨根化】神ペニスへ増大の道)
も参考になります!

総合評価

SNSでもご購読できます。