ペニス増大サプリの海外産【危険】は手を出すな! 4.34/5 (38)

当局に被害報告がたまにくる海外のペニス増大サプリ
どんな商品があるか、効果やスペックなどその実態を調査した。

少し話はそれるが、日本のネット通販で流通するペニス増大サプリの9割以上が日本製(国産)なのを知っているだろうか。
日本製であること、安心面や信頼面、安全性を気にするユーザーが多いようだが、実は殆どが日本製であり気にする必要はないのだ。
詳しくはペニス増大サプリは日本製【国産】が安全!?←失敗の可能性大wに詳しくまとめてある。

海外サプリはアフィリエイターによるランキングや比較サイトにお目見えするので必ずしも出くわさないわけではない。
海外産の商品数は殆どないにしろ、増大サプリを探してて出現率が低いとは言えないので注意が必要だ。
なぜ注意目線なのか説明していく。

海外のペニス増大サプリとは


まず目にするものとして海外産のペニス増大サプリにどんな商品があるか。
数は少ないが「ペニス増大サプリ 海外」で検索しても出てくるし、Amazon(アマゾン)で調べても出てくる。

  • メガマックスウルトラ
  • マキシマムグロウ
  • バイロン
  • ペニトリン
  • プライムモンスター
  • プロソリューション
  • ボリュームピルズ
  • ハーバルビビッド、ハーバルビリリティー
  • エンハンス9
  • ペニソール

などがある。
ちなみに当局に寄せられた被害報告が多いものはプライムモンスター、ペニトリンメガマックスウルトラ、プロソリューション、マキシマムグロウである。
これらは調べてみると、この中で露出度が高いく当局でも実践調査済みのサプリもある。(商品名リンク参照)

上記に出したのはアメリカ産ばかりだが、調べた中にはフランス産や中国産のものもあった。

海外サプリの共通点:スペックは低過ぎ!


上記の商品や他の海外商品のタイプや成分数などの効果に直結すると言われるスペック(性能)を調べたところ、共通点があった。

  • 1タイプ(錠剤またはカプセル1種)
  • 成分数が10種前後
  • アミノ酸中心+植物系が少し

これは日本のペニス増大サプリにおいては10年前位のスペックであり、効果や安全性が低いと言われるスペック。
値段で言うと日本では5000円~8000円辺りの商品によく見られる。

ちなみに2017の日本では、タイプは3タイプ、成分数は100種以上と進化を遂げている。

もちろん使われてる成分は海外独自のモノが使われてたりもするが、
スペック的には低く、日本でも多く存在する古いタイプ

海外サプリにペニス増大という概念はない!


通訳や海外在住の協力者の情報を得てわかったことがあるのだが、
そもそも海外での下系サプリの目的は殆どが「勃起」や「ざっくりとした下半身強化」

鍛えて勃起しやすくさせたり、勃起力を高めたり、回数を打てたりと「ペニスの全体強化」というイメージだ。
つまり、日本のように「ペニス増大やサイズアップ」を目的としたものはメジャーではない

海外では「ペニス増大」を語る時には、サプリではなく「増大器具」が先行する。
その補助としてサプリがあるという概念なのだ。

それはサプリのスペック、特に成分構成を見ればわかることなんだが、
海外サプリの特徴でも挙げた、運動によって作用し筋肉や体を構成する「アミノ酸中心」になっている事が証明している。

ペニス増大サプリの定義として、日本では「アミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラル」から成り立つ(全て必要)とされているが、調べた限り海外サプリには動物系がなかったりする

また日本ではペニス増大サプリありきで、効果アップの為にチントレや器具を使うという概念であり真逆。
つまりペニス増大サプリに関しては日本の方が遙かに性能が良いとも言えるのだ。

以上の点をまとめてわかることは、上記で挙げている日本で露出度があるペニス増大サプリは
「本来は勃起目的だが、日本では増大用として」売り出してるサプリか、
「日本で売る為に海外で作った」ものかどちらかであろう。

海外サプリのペニス増大や勃起の効果


では実際に海外のペニス増大サプリの効果はどんなものか。
まずアマゾンの使用者の評価でも効果がなかったマイナス意見が目立つ

当局で実践した海外系サプリにおいてもペニス増大の効果があったものはなく、多少勃起効果があった程度
似たようなスペックの日本のサプリと比べて、効果に高低差はなかったので「成分量」が特別多いというわけでもない

ただし実践した以外のサプリや寄せられた情報を見てみると、日本では使われない海外特有の成分が配合されたサプリに関しては効果は異なる。
例えば、プライムモンスターに配合されてるヨヒンビン、プロソリューションに配合されているトリビュラス
日本では劇薬や第2類医薬品(対面販売、商品説明努力が必要)に指定されていて、
サプリに配合することは禁止されている!

寄せられた口コミでは、これらの成分が配合されたサプリはペニス増大効果はないものの、
ムラムラする、触ってから勃起するまでが早い、いつもより硬いといった勃起関連の効果や即効性は、日本の増大サプリ・勃起サプリより上をいくようだ。

海外サプリの副作用、安全性


しかし、裏を返すと副作用などの危険性が高い成分ということである。
安全大国日本が、劇薬や第2類に指定しているということは、成分量など使用上の注意が絶対。
そもそもが「海外の人の体質を元に作られている」ということを考えなければならない。

シトルリンやアルギニンなどのアミノ酸で健康サプリの海外版のようなものであれば、成分量が多少多かろうが気にする必要はないが、日本では使用されない植物系成分となれば話は別だ。
先の寄せられた口コミでも、腹痛や頭痛、気持ち悪くなった等の副作用の報告もあった程だ。

勃起目的だとしても危険性が高いので、あえて海外系サプリを使用する必要はないだろう。ペニス増大効果もないし。

海外サプリを購入する際も危険性が潜む!


バイアグラ等のED治療薬を入手する時と同様、海外のペニス増大サプリを入手する方法は「個人輸入代行」という手段ではないとならない。
日本では医者処方とか第一、二類とかでないと認められてない成分が使われてる以上、販売は違法ということです。
なので個人輸入代行は日本と海外での個人間の売買で「海外からの発送」となります。

個人輸入代行のメリットは日本では手に入らない効果が高いモノが簡単に手に入ること。
バイアグラ等の確実な薬は通常、日本では医者の処方が必要だし、診察料や単価も高いですが、個人輸入代行で入手すれば処方箋もいらず、かなり安く入手できます。

バイアグラまたはそのジェネリック医薬品など、知名度が高く使用者も相当いる商品に限っては、個人輸入代行は使えるかもしれないが、デメリットというか危険性が高いのも確か。
以下にまとめます。

  • 処方箋がないので個人の責任→だから知名度や利用者が多くどんなものか理解してるモノがいい。得体の知れないものは使用上に要注意!
  • 海外発送なので届くのが遅い→2週間以上となる場合も
  • 最悪届かない→商品が税関で止められたり、業者によっては振り込んだのに無視などトラブルに巻き込まれる場合も。
  • 偽物や別物が届く可能性→対応者が日本人でない場合もざら。そもそも信用できる購入サイトなのか謎。だから安全と分かっている購入場所がベスト。
  • 値段にかなりのバラつき→有名商品だと、どこの代行サイトも取り扱っており値段もバラバラなので購入判断に悩む。

個人輸入代行サイトは無数に存在します。
精力剤にしてもアメリカ、ヨーロッパ、中国系の商品が無数にあり、日本人が(海外で)運営してるサイトもありますが外国人が運営してるところも多くあります。
そして上記のようなトラブルは普通にあります!
だから、信用できる商品で信用できる販売サイトってことが重要になります!

話を戻しますが、サプリの場合だと知名度があるものなんてないし、そもそもバイアグラ等とは違って「勃起効果がある保証がない」です。
処方箋がない上、日本では劇薬指定されてる成分とか使われてるので、配合量など理解し、相当な注意が必要!
それプラス、個人輸入代行のデメリットが加わってくるし、ペニス増大(目的)効果はないし、スペックは低く安全性も低いし、、、
あえて海外系のサプリを使用する意味はない!
って言えますね。

総合評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ペニス増大・精力剤大捜査線アクセス記事ベスト3

グライバル 1位 グライバル(GURAIVAL)(ペニス増大サプリ) 4.64/5 (116)
2017年3タイプの最新作。 3種の集中作用に拘った増大特化型。 増大必須の60種に絞り質・量配合技術など全要素強化。
ジョナリス 2位 ジョナリス(Jonalis)(ED治療薬) 4.61/5 (147) シアリス系ジェネリック精力剤。 副作用がなく安全性が高い為、定期的に使用できる事で膨張増大につながる。
バイグライム 3位 バイグライム(ED治療薬) 4.61/5 (127)
バイアグラ系ジェネリック精力剤。 バイアグラの効果にプラス、シート型になって即効性や利便性がアップ。

SNSでもご購読できます。