ペニスサイズの短小は【遺伝?】肥満と年齢退化 3.93/5 (54)

最近の研究結果ではペニスサイズは持って生まれたサイズと思春期の生活環境、男性ホルモンの分泌量によって決まると言われています。
しかし、遺伝で決まる説も根強く残っています。
また肥満やペニスの退化によって、年齢につれ短小になることもあるようです。
短小と遺伝や体質、退化に関して調査しました。

遺伝だけじゃない!ペニスは成長させられる

男性ホルモンの分泌量に限っては遺伝が関係するという研究結果が出ているのですが、広義ではペニスサイズに関わるとも言えなくはありません。
ただし、男性ホルモンの分泌量に関しては成長期を過ぎたあとも中年になっても分泌量を増やすことは可能です。

男性ホルモンの分泌量はアルギニンなどのアミノ酸やビタミン、男性ホルモン様成分などの摂取で増えることが各研究機関で実証されています。
ペニス増大サプリに含まれる成分でも上記の成分は必ず入っていますし、ペニス増大の研究機関のサイトでも

  1. 男性ホルモンの分泌促進
  2. ペニスの血流改善と増加

の重要性は語られています。
当サイトの調査結果でも実際に数センチ増大したサプリは少なからず存在します。
遺伝を気にすることなく、サプリメントやトレーニング、食生活の改善によってペニスの増大は可能です。

思春期の食生活はペニスにとって重要だった

身長と同じようにペニスの成長も思春期の生活環境や食生活に関わりがあるという検証結果が出ているようです。

ペニスは海綿体細胞と呼ばれる特殊な部位ですが、そのペニスの栄養として動物性たんぱく質や亜鉛が不可欠なんです。
これは食品でいうと肉類や牡蠣に多く含まれる栄養成分ですね。

祖父と父親が巨根なのに短小

調査によると、短小者の父と祖父が巨根だったという人が意外に多かった。
自分のペニスは通常で4cmほど、勃起時でも10cmほどの極小ペニスなのに。

ある短小者によれば、お風呂に父と祖父と一緒に入った時、祖父も父も通常時で10cm位ありそうな、勃起したらどんなサイズになるんだろうか、というくらいの立派なペニスだった、
父だけがデカいなら隔世遺伝も疑いましたが、祖父もデカいとなると、自分はどこにペニスを置き忘れてきたんだと悲しくなりました。
という話があった。

逆に弟、兄貴、親父の中で自分だけが巨根という話もありました。
このことからも遺伝で決まるわけではないことがわかります。

肥満による短小ペニスを改善する


ペニスは体内に全長が隠れていることは知っていますか?
痩せている人の場合でも、通常30%程度の長さが体内に隠れていると言われています。
肥満の人に限っては脂肪にペニスが覆い隠されることで痩せている人よりも短小に見えることは大いに考えられます。

肥満は短小に見える!引っ張り出す方法がある!

肥満によってペニスが下腹部に隠れてしまう=短小とのことですが、解決法としてはまず痩せること、ではあります。
ただ、今までの生活習慣などから考えると痩せることが非常に難しい場合もあります。
中には肥満でも巨根の人もいますから。痩せたのに短小のまま、ということもありうるでしょう。

では、どうやって引っ張り出すのが最適でしょうか。
方法は2つあります。

1つはペニス増大手術です。
内容は肉の間に隠れている海綿体を引き出し、ペニスの露出部を長くするそうです。(長茎術)
中には脂肪を吸引して、相対的にペニスを長くするという手術もありますが、こちらはもともと短いと意味がありませんね。
クリニックでペニスを増大する手術

もう1つは牽引式ペニス増大器具です。
伸ばした状態で装着して固定するもので、引っ張り出すのには最適です。
ただし、違和感が半端なく、痛い、不衛生、長時間・毎日はとてもできないなど忍耐と努力が必要。
その努力に対し増大結果が微々たるもの(数か月で1cm程)なので効果的ではないといった意見が多いです。

またチントレのLot理論に基づいたトレーニングは増大手術である長茎術と似た効果が出せると言われているので参考にして下さい。

肥満によるペニスの退化はどうやって起こる?解決策は?

ペニスの退化肥満の人に多くみられる現象のため、短小の原因の殆どが肥満にあると言えるかもしれません。

前述のように隠れているだけなら手術やダイエット、サプリで引き出せばよい話なのですが、退化にいたってはペニスに血流が十分に行きわたっていないことが原因になります。
なぜペニスの血流が悪くなるかというと、全身の中でペニスの血管が一番細いからです。
血管内にコレステロールなどが溜まることにより、一番被害をうけるのがペニスというわけです。

ペニスの退化については肥満だけでなく、年齢を重ねることによっても勃起力が低下することによって栄養や血液が行き届かなくなり、サイズがさらに小さくなったり、もともと平均的なペニスサイズだったにも関わらず、短小に退化していまうのです。
さて、このペニスの退化についてですが、解決策としては肥満の方はやはりダイエットも挙げられるのですが、血流の問題が大きいようならペニス増大サプリメントがおすすめです。

ペニス増大サプリメントの特徴は血流の改善と栄養素の補給にあります。サブ効果でダイエット効果が認められているものもあります。
ペニスを体の中から勃ちあげる作用があるなら、何よりも効果的な解決方法となるでしょう。
当局での100種以上のサプリ調査で最も評価が高かったグライバルボルギア3などはその効果に基づいて、3タイプや100種成分などその性能も最高クラスなのでおすすめです。

年齢で増大サプリが効き辛い!食事で改善

退化について述べてきましたが、当然年齢が関係してきます。
それは若い人と比べると食生活や運動不足、生活習慣等の要因から血流が悪くなるから。
上記で改善策であるペニス増大サプリを挙げましたが、これもまた血流が悪いとサプリが体内で溶け込みにくく効果を発揮し辛い

特に今のハイスペックのサプリは3タイプのモノなど、それぞれ増大作用をもち体内での相乗作用によって、効果力や即効性を発揮するので血流・血行の良し悪しは重要である。

年齢によって代謝が悪くなる分、血がドロドロになりやすく血流が悪くなるのは仕方ないが、
本気でペニス増大をやっているマニア、熟練者達はチントレや食事改善、運動などで、日々血流を改善する努力をしている。
その結果、年齢によるマイナス分を帳消し、年齢を関係ない状態にもっていっている。

毎日の食事で改善

特に重要なのは必ず毎日直面する食事を改善する事。
上記でも思春期の食生活が短小に影響する話がでましたが、血流を良くする具体的な食べ物について。

「オサカナスキヤネ」と呼ばれる
お茶、魚、海藻、納豆、酢、キノコ類、野菜、ネギ
が血液をサラサラにする代表的な食べ物と言われています。

これらは1日の食事で全部摂取できるような食材なのでペニス増大サプリが効きにくい人は摂取すべきです。
ペニス増大の第一歩とも言えるだろう。
ペニス増大と勃起に絶対必要な食べ物

みんなの評価

SNSでもご購読できます。