ペニス増大サプリの【効果直結の要素】タイプのメリット まだ評価はありません。


タイプとはそのペニス増大サプリの錠剤やカプセルの種類ことを指す。1箱中に入っているサプリの種類。
世の中に出回っている9割近くが錠剤またはカプセルの1種類であり、2タイプ、3タイプはそれだけで価値があるとも言われる。
3タイプまでが存在するが、タイプは具体的にどのようなメリット・価値があるのかをまとめる。

タイプの(多い)メリット

  • ペニス増大サプリの進化そのもの
  • 現状(2017)、最も重要なスペック評価、効果直結の要素。
  • 成分数が多い事が効果的と明示され、それに伴い成分量が減らないようタイプが増えた背景がある。
  • タイプは増大効率が格段に上がった革命的な要素。
  • 3タイプはペニス増大サプリの基本構造(細胞活性、組織化、血流量)が3構造だから、3種類それぞれに構造の役割を持てる分、圧倒的にペニス増大効率がいい
  • タイプが増えるってことはそれだけ開発や研究費などコスト的にもかかるのに、値段が変わらない所が価値ある。
  • 基盤強化や再増大、細胞強化、集中作用といった付加価値要素も2タイプ、3タイプならでは。
  • 単純に1日に飲む錠数の最低ラインが上がる。飲む錠数と効果は密接。
  • 3タイプを選んでおけば、必然と成分数も50種以上になる。(例外もある)
  • 成分数は多い事で1タイプにとってはマイナス要素となったりするが、タイプが増えるデメリットはない
  • 3タイプの中の1つをとって見ても、安い1タイプサプリ以上の出来。単純にそれが3つあると考えるとプラスでしかない。
  • 3タイプでも全てが増大や勃起等の精力に特化したものじゃない。単なる健康力や浸透力(即効性)など重視しているものが違う場合もあるので見極めが必要。
  • 3タイプでも増大や勃起等の精力効果が低いものの場合、健康力が高い傾向にある。

世に初めて3タイプ(ジスペリン)が出た時は、マニア・熟練者の度肝を抜き、今でも語りつがれている。それくらい革新的なのだ。
しかし、3タイプのものは年々増えてはいるが、まだ数種しか存在しない。

世の中に出回っている3タイプのペニス増大サプリ

現状、最も貴重とされる3タイプをピックアップ。(販売終了のものは除く。)

  • グライバル(2017):成分数約60種
  • ゼクナール(2017):成分数約60種
  • ボルギア3(2016):成分数約100種
  • ベルタミン(2016):成分数約60種
  • グロスリンα(2016):成分数約100種
  • リザベリン(2015):成分数約100種
  • バリテイン(2014):成分数約100種
  • アトミックス(2014):成分数約40種
  • ザ・ストロング(2014):成分数約20種

現状、3タイプのペニス増大サプリはこれだけ。下2つは成分数が高スペックの規定に達していない為、評価はかなり下がる。
見落としで他に存在してるとしても数種ってことを考えると、本当に貴重である。

総合評価

ペニス増大サプリの【効果直結の要素】タイプのメリット


タイプとはそのペニス増大サプリの錠剤やカプセルの種類ことを指す。1箱中に入っているサプリの種類。
世の中に出回っている9割近くが錠剤またはカプセルの1種類であり、2タイプ、3タイプはそれだけで価値があるとも言われる。
3タイプまでが存在するが、タイプは具体的にどのようなメリット・価値があるのかをまとめる。

タイプの(多い)メリット

  • ペニス増大サプリの進化そのもの
  • 現状(2017)、最も重要なスペック評価、効果直結の要素。
  • 成分数が多い事が効果的と明示され、それに伴い成分量が減らないようタイプが増えた背景がある。
  • タイプは増大効率が格段に上がった革命的な要素。
  • 3タイプはペニス増大サプリの基本構造(細胞活性、組織化、血流量)が3構造だから、3種類それぞれに構造の役割を持てる分、圧倒的にペニス増大効率がいい
  • タイプが増えるってことはそれだけ開発や研究費などコスト的にもかかるのに、値段が変わらない所が価値ある。
  • 基盤強化や再増大、細胞強化、集中作用といった付加価値要素も2タイプ、3タイプならでは。
  • 単純に1日に飲む錠数の最低ラインが上がる。飲む錠数と効果は密接。
  • 3タイプを選んでおけば、必然と成分数も50種以上になる。(例外もある)
  • 成分数は多い事で1タイプにとってはマイナス要素となったりするが、タイプが増えるデメリットはない
  • 3タイプの中の1つをとって見ても、安い1タイプサプリ以上の出来。単純にそれが3つあると考えるとプラスでしかない。
  • 3タイプでも全てが増大や勃起等の精力に特化したものじゃない。単なる健康力や浸透力(即効性)など重視しているものが違う場合もあるので見極めが必要。
  • 3タイプでも増大や勃起等の精力効果が低いものの場合、健康力が高い傾向にある。

世に初めて3タイプ(ジスペリン)が出た時は、マニア・熟練者の度肝を抜き、今でも語りつがれている。それくらい革新的なのだ。
しかし、3タイプのものは年々増えてはいるが、まだ数種しか存在しない。

世の中に出回っている3タイプのペニス増大サプリ

現状、最も貴重とされる3タイプをピックアップ。(販売終了のものは除く。)

  • グライバル(2017):成分数約60種
  • ゼクナール(2017):成分数約60種
  • ボルギア3(2016):成分数約100種
  • ベルタミン(2016):成分数約60種
  • グロスリンα(2016):成分数約100種
  • リザベリン(2015):成分数約100種
  • バリテイン(2014):成分数約100種
  • アトミックス(2014):成分数約40種
  • ザ・ストロング(2014):成分数約20種

現状、3タイプのペニス増大サプリはこれだけ。下2つは成分数が高スペックの規定に達していない為、評価はかなり下がる。
見落としで他に存在してるとしても数種ってことを考えると、本当に貴重である。

SNSでもご購読できます。