ペニス増大サプリの飲み方、攻略法も進化! まだ評価はありません。

ペニス増大サプリの歴史を振り返ると、成分数やタイプ、構造等あらゆる面で進化しているが、効果の万人性が高まってきたことで使用者も昔より増えている。
そうすると情報量も増え、情報の質も高まってくる。
そこでマニアや熟練者などユーザーがあみだした効果的な「飲み方、攻略法」をまとめてみる。

■用法通りに飲む


10年位前、ペニス増大サプリなるものが出た当初は、製法・配合技術、成分構成などの面から健康・安全性が高いものではなかった為、素直に用法通りに飲むのが通常であった。

■チントレ、ペニス増大トレーニングが流行る


サプリでペニスが増大できるものならば、自力でできるのでは?と自力のチントレ・トレーニングが流行る。
ミルキングやジェルキング、チントレ前のストレッチ、PC筋強化、温シップ法など様々なトレーニング法があみ出される。
しかし効果は不透明で、自力では半年毎日やって1-2cm、更に止めてしまえばすぐ戻ると言われている。

■ペニス増大サプリとチントレが必須に


チントレ、トレーニングは自力で効果を出すのは厳しいものの、増大サプリの効果を引き出す、維持には必要不可欠となる。
これはトレによって血流を活性させることと、増大サプリの血流作用が相乗作用するからであり、今では効果アップの必須事項となっている。

■オナ禁した方が効果的


オナニーとペニス増大はした方が良い、しない方が良い両方の意見があるが、増大サプリを使用する上ではしない方が効果的と言われている。
オナニー自体は否定的ではないが、「毎日の射精」と「寸止め」がマンネリを引き起こし、ペニスの機能低下、増大サプリの血流や脳作用を邪魔するものと捉えられている。
週1-2はしてOK、オナ禁後のオナは快感も新鮮な為、脳やペニスに刺激となり増大作用効率を上げると言われている。

■食事や運動など私生活での血液・血流改善が効果を上げる


今では増大サプリをやる上での「デフォルト事項」とも言われているが、食事や運動によって血液・血流を良くし「サプリの効き」を少しでも良くすることが可能。
血流を良くする食材、精力アップとなる食材、汗を流す運動が効果的。

■ペニス増大サプリ+別サプリとの飲み合わせ法が生み出される


成分数やタイプが進化し、健康・安全性が高まったからこそできるようになった技。
用法を超えて飲んでいる事になるので、飲み合せは健康・安全性の高スペックサプリ同士で行うのが基本。
もちろん組合せも重要であり、理にかなったものが効果的だが、単体使用よりも+1cm増、即効性も高まると言われている。
現在ではユーザーの多くが実践している。

■ペニス増大サプリの特徴を活かした移行法
飲み合せ法にも関連してるが、
基盤強化や再増大などの付加価値要素がある高スペックサプリの使用する順番が重要視され、
例えば、基盤強化に特化していたべファインを1か月やった後、再増大(増大特化)のリノゲインを1か月やると効果的!
など、基礎と増大特化のように効率を考慮すると効果的になるというもの。
移行法は飲み合せより効果は劣るが、少しでも効率を上げる為とコスト的な問題(飲み合せは1か月に2つ使用する)から生まれたものでもある。
2017では、3タイプかつ100種系のボルギア3は総合的にアップとなる言わばベースに最適で、飲み合せ、もしくは1か月使用後に、グライバルの即効性・増大力を加え更に底上げする、のが効果的と評価するマニアが多い。

■ペニス増大サプリとED治療薬の併用


ED治療薬で最も安全性が高いシアリスのジェネリックのジョナリスは更に安全性が高いと言われ、増大サプリとの「併用」で使用されたところ、増大維持や膨張作用に役立ち、「ペニス増大」にとって一役買う存在になると判明。また勃起に関してはED治療薬は効果が確実な為、持っておいて損がないことからユーザーが急増した。もちろん硬さアップや勃起しやすさの効果もある。
副作用がないと言われる双方を選ぶ事で成せる技。

総合評価

SNSでもご購読できます。