ペニス増大サプリの効果アップ攻略法【飲み方で効果倍増】 まだ評価はありません。

ペニス増大サプリの歴史を振り返ると、成分数やタイプ、構造等あらゆる面で進化しているが、効果の万人性が高まってきたことで使用者も昔より増えている。
そうすると情報量も増え、情報の質も高まってくる。
そこでマニアや熟練者などユーザーがあみだした効果的な「飲み方と攻略法」をまとめてみる。

ペニス増大サプリの攻略法

日本だということ、所詮単なるサプリだということが飲み方を進化させていき、高い効果を得ようとする者が現れたのだろう。
つまりそれだけ日本の安全性に信頼があるということではないだろうか。

また飲む以外に自分の努力で効果をアップできると信じた者がいて、諦めず努力し続けペニス増大という効果を得た。
それだけ短小のコンプレックスが進化を生んだとも言えるだろう。
ではその攻略法を見てみよう。

チントレ、ペニス増大トレーニングが必須


サプリでペニスが増大できるものならば、自力でできるのでは?と自力のチントレ・トレーニングが流行る。
ミルキングやジェルキング、チントレ前のストレッチ、PC筋強化、温シップ法など様々なトレーニング法があみ出される。
しかし効果は不透明で、自力では半年毎日やって1-2cm、更に止めてしまえばすぐ戻ると言われている。

そしてペニス増大サプリを飲んだ上でチントレを行ったところ効果が倍増したことから、増大サプリとチントレのWの効果を引き出すには必要不可欠となる。
これはトレによって血流を活性させることと、増大サプリの血流作用が相乗作用するからであり、今では効果アップの必須事項となっている。
【徹底自力チントレ】のトレーニングでペニス増大!動画有

オナ禁した方が効果的


オナニーとペニス増大はした方が良い、しない方が良い両方の意見があるが、増大サプリを使用する上ではしない方が効果的と言われている。
オナニー自体は否定的ではないが、「毎日の射精」と「寸止め」がマンネリを引き起こし、ペニスの機能低下、増大サプリの血流や脳作用を邪魔するものと捉えられている。
週1-2はしてOK、オナ禁後のオナは快感も新鮮な為、脳やペニスに刺激となり増大作用効率を上げると言われている。
ペニス増大と成長に【オナ禁】が関連!得られる効果

食事や運動など私生活での血液・血流改善が効果を上げる


今では増大サプリをやる上での「デフォルト事項」とも言われているが、食事や運動によって血液・血流を良くし「サプリの効き」を少しでも良くすることが可能。
血流を良くする食材、精力アップとなる食材、汗を流す運動が効果的。
ペニス増大と勃起に絶対必要な食べ物

用法超えで飲む


10年位前、ペニス増大サプリなるものが出た当初は、製法・配合技術、成分構成などの面から健康・安全性が高いものではなかった為、素直に用法通りに飲むのが通常であった。
しかし成分数を多く配合したものや3タイプなど高スペックサプリが誕生すると、1日の用法を超えて飲むと効果がアップすることから「用法超え」する者も増えた。
これは技術進歩により、成分質や製法、配合技術などが上がり、安全性のレベルが上がったからできることでもある。

当然の如く、勃起や増大効果は通常と比べるとアップするが、何でもいいという訳ではない
アフィリエイターの増加によって、数年前の古いサプリが薦められてる状況下では、知識なくして容易にすべきではない。

飲み合せが誕生【最強効果要素】


元々、ペニス増大サプリの飲み合わせは「補助的要素」として扱われていた。なので例えば「リポD」や「ユンケル」などの栄養ドリンク剤や、精子の量が増えるエビオス錠、DHCシリーズのマカやトンカットアリ、そしてサントリーマカ、凄十など比較的安価なもので飲み合わすのが主流であった。これらは言わば「健康サプリ」のようなものなので、安全性は問題なくコストも抑えられ、気軽に飲み合せができるが、効果としては微力となる。

安全で効果が高い高スペックサプリと合せるのが基本


段々とペニス増大サプリ自体の性能が高まっていき、特に「高スペック」と呼ばれるサプリは、増大や精力だけでなく健康、安全性も高くなった。
成分数やタイプが進化し、健康・安全性が高まったからこそできるようになった技。

用法を超えて飲んでいる事になるので、飲み合せは健康・安全性の高スペックサプリ同士で行うのが基本。
高スペックなら何でもいいというわけではなく、成分も同じであっては意味がなく、互いの増大構造や増大作用を補えるような、効率的になるようものがいいとされている。

その効果は単体使用よりも+1cm増、即効性も高まると言われている。
現在ではユーザーの多くが実践している。

最新情報ではグライバルボルギア3のような3タイプ、100種成分系のサプリをベースにし、飲み合わすサプリもスペックの高いものを選ぶのが主流で効果的とされている。

ペニス増大サプリの特徴を活かした移行法

飲み合せ法にも関連してるが、
基盤強化や再増大などの付加価値要素がある高スペックサプリの使用する順番が重要視され、
例えば、基盤強化に特化したサプリを1か月やった後、再増大(増大特化)系のサプリを1か月やると効果的!
など、基礎と増大特化のように効率を考慮すると効果的になるというもの。

移行法は飲み合せより効果は劣るが、少しでも効率を上げる為とコスト的な問題(飲み合せは1か月に2つ使用する)から生まれたものでもある。
2017では、3タイプかつ100種系のボルギア3は総合的にアップとなる言わばベースに最適で、飲み合せ、もしくは1か月使用後に、グライバルの即効性・増大力を加え更に底上げする、のが効果的と評価するマニアが多い。

ペニス増大サプリとED治療薬の併用で確実性を高める

ユーザの中で最も飲み合せアイテムとして名が高いのが精力剤のジョナリス
増大サプリで結果が上手く出ない者に、まずは確実な勃起効果を得て自信をつけるという意味でED治療薬を!と始まったのが元である。

これは同日に飲むわけではなく、週2でサプリを休んだ時に飲むのが一般的。ED治療薬の持つ強力な勃起力や膨張力を活かす狙いだ。
マニアの中には、サプリ同士の飲み合せより「最も確実で、即効性の高い効果的なペニス増大法」と評価するものも多い。
確かに、少なくてもED治療薬の「勃起効果」は確実なので損はない。

当然、ベースにするサプリは最新かつ成分数やタイプ、増大構造など高スペックなもの、何度も言うがこれは=「安全性が高い」ものである。
そして、ED治療薬の中でも最も安全性に優れたシアリスだから、そのジェネリックであり更に安全性が高くなったと言われるジョナリスだからできる技(併用)ということを理解すべき。

実際に併用を行ったグライバルやボルギア等のサプリユーザから勃起力が高くなったのと同時に増大値も上がったという声が多かったのだ。
しかしジョナリスの場合、位置づけとして「促進」ではなく「共存」、つまり別々で効果を生み出すと定義されており、先にも言ったが、使用の際はあくまでジョナリスを飲む時は増大サプリをお休みするといった使用法だ。


勃起の硬さと確実性を重視したいなら、バイアグラのジェネリックであるバイグライムが推奨されている。
安全性はシアリスには及ばないが、バイアグラの確実性、万人性、信頼性、火力は当然引き継いでおり、更にシートタイプに進化した事で利便性がアップし新たなマストアイテムとして話題を呼んでいる。

飲み合せを安く気軽にやってみたい時の凄十

さてジョナリスや紹介した増大サプリ同士の飲み合わせはあくまで上級者、つまり経験者に推奨されている技である。
まずは飲み合せ自体を気軽にやってみたいという初心者にベストなものを調査員一同で考えた。
気軽に、かつ効果アップとなる高火力を考えると、コンビニでお馴染みの「凄十」という結論に。

賛否両論はあるものの、「コンビニでいつでも気軽に買える精力剤」と称され、その効果は勃起だけならペニス増大サプリと比べても引けを取らない効果で、特に即効性は十分期待できるのだ。
個人的には、シトルリンやマカ、クラチャイダムなどを謳った安めの増大サプリより、よっぽどいいと思う。

注目すべきは成分。高価な増大サプリ級の精力成分が豊富であるが、シトルリン等のアミノ酸やビタミン、ミネラルが入っていない事や製法から増大効果を期待するものではない
よって、安全性も高くない評価を受けている。

1day、3dayととりあえず飲んでみたいというニーズにも応えられるのだが、問題点がある。
値段が1dayは約300円、3dayは約1000円、1か月分は約13000円。
とりあえず飲み合せを何回かやってみたい人には向いているが、増大サプリでなく勃起サプリで1か月分がこの値段は、高スペック増大サプリと同じ値段であり、高過ぎる。

なので初心者は安全性とコスパの観点から、試しにやってみる感覚でやってみてほしい。
ただし、あくまでベースに3タイプや100種系の「高スペックサプリとの飲み合せ」で成り立つことを忘れずに!

ペニス増大結果を出している人が存在する背景には、「飲み合せ」など攻略要素ががちゃんと存在している事を改めて実感する。

みんなの評価

SNSでもご購読できます。