ペニス増大サプリの【大嘘】口コミと比較とおすすめランキング まだ評価はありません。

ネットでペニス増大サプリを購入する時、何がいいのか、何が効果あるのかまず調べるのが基本。
ペニス増大サプリの種類は100種以上はあるし、
ネットで検索してもペニス増大サプリ関連のサイトは何万とある。
そこでユーザーはおすすめ、口コミや比較、ランキングサイトを参考にすると思うが、これが大きな落とし穴となる。

検索サイトの仕組みとアフィリエイターサイト


自分の目的のワードで調べ、一番上のページに出てくるサイトを参考にすれば?

と思いがちだが、ネットの仕組み上、それは全く有効ではない。
ネットでの検索順位は、主に検索ワードに対しての情報量に比例している。
アフィリエイターという記事を書いて金儲けしてる人をたくさん使っている商品が上位のページに表示されるわけだ。
効果がなかろうと古い商品だろうと関係ない。
皮肉にも古い情報が上位に来る事が多い以上、スペックが低いサプリの情報が多いのが現実だ。

おすすめと口コミ、比較とランキングサイトは最もアテにならない

ではどういった検索ワードで調べればベストなんだろうか。
そこで多くの商品を見れる「おすすめ」や「口コミ」、「ランキング」「比較」といったワードを思いつく。
しかし、このワードでさえむしろ役に立たない。

なぜならアフィリエイターが最も潜むサイトだからだ。
ユーザーがその商品について、検索で調べて出てくる情報の8割以上はアフィリエイター等の「売り手が作ったサイト」である為、効果があった事が書いてあるのは当たり前である。

アフィリエイターの話をしておくと、建前上は契約した商品(業者)を実際に使用してその感想を書き、そのサイトから売れれば報酬をもらう。

考えると当たり前のことだが、マイナスな事を書いて売れるわけもない。売れなければ記事を書く意味もないし、生活も成り立たない。請け負った業者にも失礼。
結果、実際に使用して効果があろうが、なかろうが売る為にはプラスのことを書く
こちらが調べた情報ではむしろ使用さえしないで記事を書いてることが殆どだ。

更にアフィリエイターは1つの商品を請け負っているわけではなく、たいてい複数の商品を扱っている
その商品だけでランキングや比較を構成する事もできるし、どれから売れても構わないわけで、都合がいい。
後押しが欲しい日本人にとっては最適な情報だろう。

こちらで調べた上位のおすすめ、ランキング、比較サイトでは
ゼファルリン、ヴィトックスα、ヴォルスタービヨンド、ギムロットα、ペニトリンMAX、シドルフィンEX、バリテイン、リザベリン、フュージョンEX、クラチャイダムゴールド、ゼノファーEX、シトルリンDXなど…
ほぼ同じ商品が登場している。

実にアフィリエイターが作ったものとわかりやすい
いくら素人感を出そうと、商品を売る為に効果があった事が書いてある事が当たり前なので全くあてにならない
根拠として最新のものと比べるとスペックが低い商品ばかりなのが事実。

嘘と本当を見破る為には効果はスルー


では一体どうすれば「本当」のおすすめ、口コミ、ランキング、比較サイトに出会えるのか。
もちろん他の人が使ってどうだったのかという評価は、商品を選ぶ最大のポイントではある。
しかし残念ながらどんな検索ワードで調べようとペニス増大サプリや精力サプリ、精力剤に至っては確実な方法はない

「効果があったかどうか」
ばかりにとらわれているからダメなのだ。
考えてみても、完全な個人的ブログならばまだ信憑性はあるが、
全くのアカの他人の情報を直に信じるのは危険だ。

効果がなかった!と言っているサイトの方が信憑性は高いが、
その時に他商品を薦めていれば、一気に信憑性はなくなる
多くの人に見られる為に、人気のある商品についてのサイトを作って、そこで人気商品をディスって自商品を薦めた方が効率としても良い
なので効果がなかった!と謳い他の商品を薦めているサイトは注意が必要となる。

スペック(性能)が本当の効果を表す!

本当に効果があるものはいい商品なのだから、
効果ではなく「商品自体のスペック」を参考にするのがベストだろう。
幸い、商品自体のスペックならば自分で調べる事が可能だし、
スペックというのはパッケージや商品ページに記載しなければならない「嘘がつけない情報」
アフィリエイターという効果を操作する情報、存在する以上、普通に考えて商品自体のスペック差を見ていった方が良いことは明白。

ペニス増大サプリの知識が豊富な熟練者、マニアは口コミなどを見なくても、
商品の「スペック」を見れば効果が推測できる。
スペックとは

  • 商品の新しさ
  • 値段
  • 成分の種類・数
  • どうやって増大に至るかの構造
  • 1日何錠飲むか
  • 錠剤なのかカプセルなのか、何種なのか

のことである。

なぜスペックが重要かは
商品によって異なるからであり、
効果はスペックが高いモノに比例する
という事がわかっているからである。

例えば
成分数は10のものから100以上のものまである。
成分の種類も精力に直結する動物系成分がしっかり入ってるモノもあれば、
実感のない植物成分やアミノ酸だけで構成されてるモノも多い。

また錠剤1種のものもあれば錠剤・カプセル3種などのタイプがある。
ペニス増大は「体内での相乗作用が一番重要」と言われるので
単純に成分数・種類が多い方が、相乗作用力もあるし、精力やペニス増大以外の効果も期待できる。
タイプに関しても、効果効率が違うと言われ3タイプは最も効率がいいと言われている。

1日の用法では1錠のものから8錠近くのものまであり、
新しさで言えば10年近く前のものも存在してるし、
また同じようなスペックなのに値段が全然違ったりする。

上記のスペック要素は売り手が、パッケージや公式ページに
明記せざるをえない「嘘のつけない情報」
なので一番信用できる情報であり、
購入前にわかる情報
ということが最大のポイントだろう。

逆に言うとこのスペックについての知識が頭の中に入っていると
その情報が本当なのかどうかが容易に判断できる
ということだ。

ペニス増大サプリの効果についてのおすすめ、口コミ、比較、ランキングは
全くあてにならない情報であり、また知る必要もなく、自分で推測できるもの
として憶えておこう。

ペニス増大サプリは年々進化しており、今後商品のスペックの差は更に開いていくと予想される。
今でも十分そうなのだが、ペニス増大サプリは値段にそこまでの差がない以上、ここで述べた選ぶ基準、知識を知らなければ自分が損をすることになるだろう。

みんなの評価

SNSでもご購読できます。