ペニス増大サプリの成分数、タイプ、構造の歴史 まだ評価はありません。

ペニス増大サプリの歴史を振り返ると、いかに進化してきたかがわかる。
アメリカ等海外の精力系のサプリは、ペニス増大という概念はなく、基本的に肉体改造の延長上に勃起を含む下半身強化のサプリである。
これは海外在住の情報提供にもあったし、実際に日本でも買える精力サプリを調べてみても、成分構成上、アミノ酸中心のものばかりなので正しい情報だろう。
日本の技術力が高いことを証明していると思う。

そこで日本のペニス増大サプリの成分、成分数、増大構造がどのようなものだったか振り返る。

ペニス増大サプリの成分、成分数の歴史

【初期】
L-シトルリン等のアミノ酸、マカ等の植物精力成分、サソリ等の動物系のいずれかが主体。
錠剤またはカプセルの1タイプで成分数は全種10以下
→ペニス増大というより単に活力がつくだけといった感じ、実際の効果も健康サプリとほぼ変わらない。動物系主体のものは副作用の危険性も指摘されていた。

【中期】
L-シトルリン等のアミノ酸、マカ等の植物精力成分が主体、プラスですっぽんやサソリ、マカや亜鉛といった精力系成分が追加。
錠剤またはカプセルの1タイプで成分数は幅広く10~30種
→ネット上に一気にペニス増大を謳う商品が増え、被害者が続出。成分構成はバラバラで単なる活力のみ、健康のみ、良くて勃起しやすくなる程度の効果。これはメインの成分と成分構成によって異なる。成分知識がないと精力効果を得られずに終了する。2017年でも多く存在するので注意。増大成功者もほぼいなかっただろう。

【中期後半】
100種成分が登場。それに伴い錠剤とカプセルの2タイプが登場。ペニス増大はアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルという成分種類が必要という事がわかってくる。
→しかしこのスペックは全体の数%しか存在しておらず、主体は1タイプで10-30種成分のもの。
100種系は世に十分広まっていなかったが、一部で増大成功者は増えていたのは確か。この登場により、増大サプリは精力だけでなく、あらゆる健康効果が得られる安全性の高いものとなる。

【後期】
稀少成分が厳選50、あるいは100種成分が主流に。
→技術進化により、万人にペニス増大効果の期待値が高いペニス増大サプリが登場する。3タイプが登場したこともあって、成分数が100種であっても量を増やすことができるので、より効力が高まる。50種であっても構成によっては100種よりも効力を高めるモノもある。

成分数の歴史を見ると、成分数が増えている傾向にある。
それは2タイプの時に、「成分同士が体内で混ざり合って起こす相乗作用力」が効果を高めていると結論付けられたからだ。
しかし、成分数が「増え過ぎても各成分が微量」になり効果的ではなくなる恐れがあるので、50種~100種がベストだと言われている。

また成分に関しては以下のようなことが言われている。

「逆に成分数が少ないと(10程度)、効果が薄いか副作用の恐れ。」
→安いペニス増大サプリの特徴として成分数が少ない、それは神経に作用する成分や体調をケアする成分が少ない事を意味するので、全く効かないあるいは副作用をもたらす事を意味するのだ。
値段の安いペニス増大サプリの効果【危険性:大】

「成分数が多い程、増大効率、安全性や健康要素が高い。ペニス増大以外のサブ効果にも期待できる。」
→逆に60種~100種の成分が含まれてるサプリは精力系素材に豊富な植物系、動物系の成分が含まれ、かつ脳神経や体調をケアするビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富な為、精力アップやペニス増大といった効果だけでなく、美容や胃腸改善、アンチエイジング、発毛など様々な「サブ効果」も期待できるのだ。
成分数が多い【50種以上】メリット・デメリット

「成分数50以上ないものに、同じ金は払えない」
→ペニス増大サプリの値段は過去も現在も、5000円前後と12000円前後の2パターン。成分数10程度でも値段が同じなので適当に選んでしまうと損する。

ペニス増大サプリの基本構造の歴史

【初期】
シトルリンの効果→血流をスムーズにさせる1構造のみ。初期はシトルリン=ペニス増大という風潮。しかしその根拠はなく、この噂だけが独り歩き。
タイプも錠剤またはカプセルの1タイプのみ。

【中期】
なし、1タイプのものはそもそも血流増くらいの構造しかもてない

【中期末】
2タイプが登場すると、ペニス増大の基本構造が細胞活性・組織、細胞増殖、血流増の3構造から成り立つと定義づけされる。
ペニス増大の基本の形であり、ベースとなるもの。

【後期】
3タイプが登場すると、基本の構造をベースに付加価値を加え複雑化する。
しかし増大効率は飛躍的に上がる
再増大構造や基盤強化、角度強化、根本・靭帯強化、細胞強化などの付加価値がある。
【効果直結の要素】タイプのメリット

最新のグライバルでは、3タイプの特性を最大限に生かす「集中作用」に特化する構造。
これにより、全ての効力や即効性が高まると同時に、万人性も高めている。

成分と構造、タイプの関連性と今後の進化

成分数が増えることに伴い、タイプが3タイプへと進化したように、成分数とタイプ、それによる増大構造は密接に関連している。
これはペニス増大の効率、効果力、即効性、万人性、健康・安全性を追求した結果であろう。
なので1タイプで複雑な構造は持てないし、1タイプに例えば100種もの成分数を配合してもそれは効率的ではない。
そういった知識があれば、そのサプリが効果的か判断できるようになるだろう。

みんなの評価

SNSでもご購読できます。