ペニス増大サプリの成分数が多い【50種以上】メリット・デメリット まだ評価はありません。

通販だけでも100種以上存在していると言われるペニス増大サプリだが、
その中の数パーセントの「高スペックサプリ」と言われる条件でもある成分数
成分数は50種以上で「多い」と称されるが、成分数が多い事について、当局やマニア・熟練者の評価をまとめる。

成分数が多い(50種以上)サプリの評価

  • 世の中に出回っているペニス増大サプリの大半が20前後
  • 成分数の多さは増大効率、コスト面、相乗作用、サブ効果などに影響する。
  • 怪しさ満点のペニス増大サプリ界で、優秀な製薬会社が赤字覚悟で本気出したシリーズ。
  • 100種系ってのは成分が100種(又はそれ以上)配合されたペニス増大サプリのこと。
  • 成分数が多いと成分同士が混ざり合う事で生じる相乗作用力が高くなり効果力・即効性など全ての効力が高まる
  • 精力・増大以外の「サブ効果」が期待できる。快感アップや老化防止、肥満防止、発毛、快眠、美容、胃腸改善など脳や体内に作用する成分も多く含まれる。
  • 多くの成分が入ってるので安全度が高く健康的。ペニス増大サプリは毎日飲むモノだから体を気遣う成分も入っていた方が良い
  • 成分数50種以上であれば、ペニス増大に必須とされるアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン・ミネラル全てが含まれていると考えてよい。
  • 効果を発揮するにはその成分自体の「質」も重要。見極める事はできないが、年々進化している傾向。新しいサプリの方が良い。

成分数の多さがマイナス評価になることも

注意すべき点があるのだが、成分数が多い事は確かに相乗作用を起こす面でプラスだが、その部分を十分にプラスにできない場合がある。
それは錠剤またはカプセル1種の1タイプの場合。
例えば成分100種を1タイプに配合するとなると、1成分が相当な微量になり十分な効果を発揮できず、効果的ではないと言われている。
2タイプ、3タイプが誕生した背景にもなっているだろう。
そもそも1タイプは増大効率が悪いが、成分数が多い事(50種以上)は更なるマイナス要素となる。
最近では1タイプで50種以上の成分を配合したサプリも増えてきてるので、注意が必要だ。

世の中に出回っている成分数50種以上のペニス増大サプリ

  • グライバル:3タイプ、約60種
  • ヴィトックスα extra edition:1タイプ、約100種(注意)
  • ゼファルリン:2タイプ、約50種
  • ヴォルスタービヨンド:1タイプ、約60種(注意)
  • マキシリン:1タイプ、約180種(注意)
  • ボルギア3:3タイプ、約100種
  • ゼクナール:3タイプ、約60種
  • ベルタミン:3タイプ、約60種
  • ゼナフィリン:2タイプ、約100種
  • バリテイン:3タイプ、約100種
  • アルデリン180α:1タイプ、約180種(注意)
  • グロスリン:3タイプ、約100種
  • リザベリン:3タイプ、約100種

総合評価

SNSでもご購読できます。