Goingのペニス増大効果調査No.15 2.1/5 (42)

Goingの効果分析

Going

Goingの特徴(宣伝文句)。

  • たち、固さ、太さ、持続力の4拍子
  • バイアグラ以上
  • 返金保証あり

Goingはヴィトックスα、ブレーザーα、ベクノール、リゼノール100E、ゼファルリンなどと同じアフィリエイターが宣伝しており、ブログや比較、ランキングサイト等使って、ペニス増大や精力アップ効果があった事しか謳っていないサイトばかりなので要注意

まず、このパッケージ…安っぽい。。。完全に手抜いてるだろ。
精力、ペニス増大全般にいいというが…

まずはGoingの成分だけど
メインはマカ、ムイラプアマ、シトルリン、カツアーバ、ビール酵母、あとは体調ケア系といったところ。
成分数計20種。1万円付近でこの成分数は少ない、
最新のゼナフィリンやベファインなどのペニス増大サプリには100以上含まれてるから!
こんなパッケージだから怪しい配合かと思いきや、ビール酵母やカツアーバ、ムイラプアマなどの植物系精力成分が中心なので、副作用をなくしつつ精力効果を狙えるが、動物系精力成分がない為、即効性やペニス増大期待値は低いと言える。

Goingのペニス増大効果調査結果

Goingを3カ月飲み続けた感想は
ペニス増大効果はなかった。副作用もなかったが。
変わった点と言えば、ビール酵母や亜鉛系配合から、オナ禁3日した時に出る精子の量は多めだった。

だが残念だが、ゼナフィリンやベファイン、アデロイン等の100種以上の成分が含まれているペニス増大サプリと比べると、
Goingは増大効果、精力効果は比べるに値せず、自慰の時の感度やアンチエイジングなどペニス増大以外の「サブ効果」もなかった

この値段でこの低スペックは、Goingは他と比較すると高いと言わざる得ない。
現在は抱き合わせのサプリをつけられ、勝手に定期コースにされてしまうところも要注意だ!

これならサントリーマカやエディケア、凄十など健康サプリの方が「精力」はつくだろう。またこれらは増大サプリとの相性がよく「飲み合わせ」として有名なので、即効性や実感力を求める人はボルギア3やベルタミン、ゼナフィリンなんかと試してみると、ペニス増大効果や精力効果がアップする。
————————————————————–
担当調査員:性交渉人真上

調査結果
試用期間:約3カ月(宣伝文句通り90日)
ペニス増大値v:0cm


————————————————————–
見込める効果
・まとめると副作用なく、健康的に精子の量を増やす…
————————————————————–
総合評価
性交渉人真上 :★★☆☆☆(評価2)
一般投稿    :★★☆☆☆(評価2)
————————————————————–
【2017再評価】
成分や構成、増大構造、全てのスペック面で古い
スペックに対して値段が高い

今の高スペックサプリと呼ばれるものは、100種や3タイプに進化しているが
それは、成分が多い方が体内での相乗作用が高まり増大しやすいから、
それをタイプ分けした方が効率が良いからと言われている。

総合評価

SNSでもご購読できます。