ヴァルゲラのペニス増大効果調査No.28 1.84/5 (38)

ヴァルゲラの効果分析

ヴァルゲラ
担当調査員:一般応募多数名

ヴァルゲラというペニス増大サプリの報告がある程度集まったので報告する。

はじめに当局の見解
■ヴァルゲラについて
ヴァルゲラはむろんペニス増大サプリである。調査した結果だがネット上では1部のアフィリエイターが宣伝しているが、ヴァルゲラの購入ページには飛べない仕様になっている。しかしこれがスマフォなどの携帯からだと飛べるという意味不明なカラクリになっている。ネットだとFBI555.jpという販売業者のページに飛ばされる。ここでは当サイト調査済みのFBIとグロウブレードを扱う業者だ。グロウブレードなど見るとアフィリエイターもそれなりに使っている。

■ヴァルゲラについて2
ではサイトについて見ていくと。
・「カリ部分」「硬度部分」のW強化
・22週連続ナンバー1
・長さ+8cm、太さ+160%、硬さ+220%、亀頭増大+180%
・全世界920万人増大達成
・ペニス増大システム(3要素)+2つの要素

まずサイト自体の見せ方としては最近の主流を抑えている感じだ。誇大要素である程度のひきつけにはなっている。
いつ頃発売されたかは不明であるが、3タイプが主流の現代において1タイプという観点から新しくはないんであろうか。

■ヴァルゲラの成分やペニス増大構造からの見解
成分を見て明らかになったのは1タイプの特有の成分種類の少なさだ。記載されている成分表示を見るとペニス増大・精力に関連するのはシトルリンやアルギニン、亜鉛、ガラナ、マカだけで、合計でも12種しかなく、驚き以外にない。残りは特に体調ケア要素といったわけでもなく錠剤を形成するにあたってのどうでもいい成分だ。
このことを精査すると、プラスされている2つの要素はおろかペニス増大に至る基本3構造でさえ厳しいものだといわざるをえない。
成分を5種に厳選して10倍以上に凝縮しようと、これだけの成分で、かつ1タイプでスムーズにペニス増大させるのは困難というのが、成分解析チームの見解だ。
また先に言った体調ケア成分も少ないので副作用が危険視される。

ヴァルゲラの効果調査結果

■投稿されたヴァルゲラ使用者報告からの見解
2カ月以上ヴァルゲラを続けた約30名の投稿をピックアップしてみると、増大に至った報告は2人程。
ペニス増大効果がないにしろ、目立った意見は「効いているな」という実感がないというのが多かった。
副作用があったという意見もなかったが、1錠タイプですぐ「実感」というのは厳しいだろう。

1タイプはペニス増大マニア達からすれば、効かないあるいは効きが弱いとなった場合、飲み方や組み合わせを変えて効き目を強く改良したりする「工夫」もできない為、人気は低く好んで使用する者はいない。
3タイプや120種以上の成分が登場している今のペニス増大サプリ業界で、これだけ良質なサイト構造を見せてもユーザーには響かないのかもしれない。値段からも12600円で1タイプでこの成分数では、3タイプ、120種以上のボルギア3やベファインやゼナフィリンといったものと同じ値段である為、比較するには値しないと言えよう。

————————————–
総合評価
当局 :★☆☆☆☆(評価1)
一般投稿 :★☆☆☆☆(評価1)
————————————–

総合評価

SNSでもご購読できます。